昭和メタルを知りたい

  1. 昭和メタルを知りたい

COMPANY 会社概要

企業名 有限会社 昭和メタル
代表者 代表取締役社長 栗原 裕之
創業 昭和44年4月
設立 平成3年3月
従業員数 133名(平成30年7月現在)
資本金 300万円
年間処理台数 30,000台~35,000台

ORGANIZATION CHART 組織図

組織図

HISTORY 沿革

昭和44年4月 越谷市東越谷にて昭和解体として創業
昭和60年3月 本社を増森に移転
平成3年3月 有限会社昭和メタル設立
平成6年4月 タイヤショップ設立
平成8年5月 パーツセンター設立
平成9年9月 産業廃棄物積替え保管許可取得
平成12年9月 産業廃棄物中間処理許可取得
平成13年8月 ISO14001認証取得
平成14年4月 岩槻工場設立
平成15年11月 ISO9001認証取得(国内部品販売部)
平成16年7月 リサイクル法の諸資格登録
平成19年1月 ISO14001に岩槻営業所を追加登録
平成19年4月 ISO9001に岩槻営業所を追加登録
平成20年6月 岩槻第二倉庫設立
平成21年12月 タイヤショップ越谷店設立
平成22年5月 プライバシーマークを取得
平成22年5月 越谷市にタイヤショップ越谷第一倉庫設立
平成23年12月 吉川市にタイヤショップ吉川店を新装オープン
平成24年11月 特別管理産業廃棄物収集運搬及び積替え保管業許可取得(さいたま市)
平成25年1月 岩槻第二倉庫にリサイクルセンター設立
平成25年8月 タイヤショップ越谷第一倉庫をタイヤショップ大型店に名称変更し業務拡張

BUSINESS PERMISSION 事業許可

産業廃棄物処分業許可
  • ・さいたま市 第10120028862号
  • ・越谷市 第12120028862号
産業廃棄物収集運搬業許可
  • ・埼玉県 第01107028862号
  • ・さいたま市 第10110028862号
  • ・さいたま市 第10160028862号
    (特別管理産業廃棄物収集運搬許可)
  • ・東京都 第13-00-028862号
  • ・千葉県 第01200028862号
  • ・茨城県 第00801028862号
  • ・群馬県 第01000028862号
  • ・神奈川県 第01402028862号

AUTOMOBILE RECYCLING LAW 自動車リサイクル法 許可・登録番号

埼玉県…パーツセンター
  • ・引取業者登録 20111000679
  • ・フロン類回収業登録 20112000679
  • ・解体業許可 20113000679
さいたま市…岩槻工場
  • ・引取業者登録 21011000451
  • ・フロン類回収業登録 21012000451
  • ・解体業許可 21013000451
  • ・破砕業許可 21014000451
越谷市…本社事務所・本社工場
  • ・引取業者登録 21211000016
  • ・フロン類回収業登録 21212000016
  • ・解体業許可 21213000016
  • ・破砕業許可 21214000016(本社工場)

ABOUT ISO ISOについて

ISOについて

ISO14001とは、英国の環境マネジメントシステム規格に基づいて開発された、環境マネジメントシステムの国際規格です。
環境マネジメントシステムとは「法の遵守」を前提条件として、環境に対する取り組みを「計画・運用・点検・見直し」のサイクルでシステム化し実行することです。
環境に関しての苦情や意見、道具や方法を積極的に検討し、環境保護に対して貢献できることを昭和メタルでは今でも、そしてこれからも考え続けて行こうと思っております。
昭和メタルでは2001年7月30日に、ISO14001を本社工場・本社事務所・パーツセンターで認証取得しました。
2007年1月に岩槻営業所を追加登録しました。

環境方針

環境理念

昭和メタルは、自動車リサイクル法の許可を受けた使用済自動車解体業及び解体自動車破砕処理業者です。
当社は工場創設時から「燃やさない!流さない!汚さない!」を基本理念として、事業に取り組み、地球の環境保全に貢献し、業界のリーダーとして、環境の啓発活動に努めます。

行動指針

  1. この環境マネジメントシステムの継続的改善及び大気、水質、土壌汚染の予防に努めます。
  2. 自動車リサイクル法を遵守するとともに関連する環境の法規制及びその他の要求事項等を遵守します。
  3. 環境目的及び目標を設定し、見直しをします。
    1. (1)解体する自動車のオイル漏れによる水質汚濁の低減
    2. (2)エネルギー消費の低減
    3. (3)洗剤使用による水質汚濁の低減
    4. (4)騒音の低減
    5. (5)LLC流出による水質汚濁の低減
    6. (6)廃棄物の削減
    7. (7)自動車業界の環境保全の為に、積極的に活動します。
  4. この環境方針は、文書化し、実行し、維持して、全従業員に周知します。
  5. この環境方針は、一般の人が入手可能です。

2008年8月1日
有限会社 昭和メタル 代表取締役社長 栗原 裕之

ABOUT RECYCLING LAW リサイクル法について

Q1. リサイクル法って何ですか?

「自動車リサイクル法」とは、自動車の廃車に関わる費用を先に回収して不法投棄や違法処理、フロンガスの大気放出等をなくそう!というのが主な目的です。
「自動車リサイクル料金」を支払えば、国のコンピューターにて一括管理されるので、自動車がきちんと処分されたかどうかを確認することができるのです。
これにより自動車の不法投棄や違法処理が減るはずです。

Q2. リサイクル料金はいつ払えばいいの?

「自動車リサイクル料金」を払う時期は、これから新車を購入する場合は、購入時に一緒にリサイクル料金を支払う事になります。
次に2004年12月31日以前に車を購入した場合は、最初の車検の際に支払うことになります。当然リサイクル料金を支払わない車については、車検を通すことはできません。
1月1日以前に登録された中古車を購入する場合は、新車と同様に購入時に「自動車リサイクル料金」を支払う事になります。
また、車検を通さずに廃車する場合は、廃車の時に支払う事になります。

Q3. リサイクル料金はいくら払うの?

リサイクル料金は車の種類により、シュレッダーダストの発生する量、フロンガスの充填量、エアバックの個数などの違いから、車種1台ごとに異なります。
リサイクル料金は各自動車メーカーのホームページをご覧ください。

国産車
輸入車

もっと詳しく知りたい方は

経済産業省 製造産業局自動車課

TEL:03-3501-1690  ホームページはこちら

環境省 対人官房廃棄物リサイクル対策部企画課

自動車リサイクル対策室

TEL:03-5501-3153  ホームページはこちら